今話題のアキュエラを試してみた

高濃度水素水で話題のアキュエラを試してみました。

DSC_3225

アルミパウチで売られている高濃度の水素水ですら1・6ppmが最高値なのに水素水7.0ppmは驚異的です。

正直ちょっと疑ってかかっていました。でも、超高濃度にひかれて買ってしまいました。
スターターキット 6800円(税込)

DSC_3228

中はこんな感じです。
・カプセル×2個
・スポイト×2個
・ペットボトル×2個
・キャップ×2個
・超過飽和水素発生剤×30包
・溶存水素濃度判定試薬×1個

DSC_3252

作り方は説明書に図解入りで書いてあるので簡単です。
超過飽和水素発生剤を付属のスポイトで水を浸みさせて、カプセルに入れ、ペットボトルに栓をすれば出来上がりです。
あとは水素が発生してペットボトルがパンパンになるのを待つだけです。
10分程度で5ppm、12時間で7ppmになります。

DSC_3268
出来上がったら、平行に30秒程シェイクして、水素を溶かします。(力を入れすぎると腱鞘炎になります。)
DSC_3293

試験薬で検査します。(最初だけ。その内、ペットボトルの固さでわかるようになります。)

DSC_3301

DSC_3324

液を水に点滴して、色が付いたところで終了。
この時は74滴だったので7.4ppmになります。これって感動ものです。
だって、他の水素水どんなに優秀でも16滴=1.6ppmです。(メロディアンで16滴だった時は感動しました。)
7.0ppm以上になってしかいましたが、誤差の範囲です。

DSC_3332

そしてコップに注ぐとこのように白濁した水素水が見れます。
飲んで空腹感を感じ、甘い物が食べたくなり始めたのは7ppmを飲み始めてからでした。

正直、アキュエラを飲んでしまうと、他の水素水が飲めなくなります。
それぐらいの衝撃があります。

★医療現場で使用されている実績★
アキュエラ(水素水7.0ppm)は、その高い水素濃度が医療や研究現場のプロに認められ、実際の医療現場や臨床試験に使用されています。リウマチの専門医である石橋博士が臨床試験に同水素水を使用して、関節リウマチの症状が高濃度水素水で改善された、と報告しています。
※リンク先の石橋博士の論文は水素水5.0ppmを使用しています。

公式ページはコチラ水素水7.0「aquela」

コメントを残す