浸みわたる水素水を飲んでみた!濃度測定の結果は?

DSC_3159

㈱アビストから出ている浸みわたる水素水を試してみました。
初回お試し500ml×12本で1980円です。

水素含有量は充填時2.2~2.8ppmと高濃度です。
でも、届いた時の濃度が大事です。
早速試薬で試してみました。

DSC_3198

DSC_3202

結果、12滴=1.2ppmでした。
常温圧での限界飽和量(水に水素が溶ける限界量)は1.6ppmなので、まずまずです。
アルミパウチも水素が逃げにくいように4層になっています。

あと、「浸みわたる水素水」は、日本名水百選にも選ばれた熊本県菊池の天然水(阿蘇の伏流水)を使用しています。
kuma
※写真公式アビストHPより

さすが鑑定家が「まれにみる美味しい天然水」と言うことだけあって、口当たりがまろやかで飲みやすく、500mlでも一気に飲み干せます。

でも、もし500mlは一気に飲めない、という場合でも大丈夫です。
飲みかけのアルミパウチに空気が入らないようにそっと押して水が溢れるギリギリデ栓を閉めてしまえば24時間たっても水素は90%程度残っているそうです。(浸みわたる水素水Q&Aより)

ちなみにコップに注いだ場合でも2時間で水素が半分位になる程度だというので、慌てて飲み干す必要はありません。

飲み続けることでより効果を実感できる水素水。
そのための大事な要素は
①水素水濃度
②価格
③美味しさ
です。

浸みわたる水素水は
①1.2ppm
②1本あたり165円(お試し価格)
③美味しい!
ことから、おすすめできます。

【浸みわたる水素水】

コメントを残す