健康家族の仙寿の水は良いのか?

今回は仙寿の水お試し10本セットを購入してみました。

DSC_3150

にんにく卵黄で有名な健康家族が水素水を販売しています。
仙寿の水の特徴は、九州は霧島錦江湾国立公園の北部で採れる、 ミネラル(サルフェート※)を含んだ天然水を使用していることです。このサルフェートとは、老廃物や有害化合物を体外へ排出すると言われています。
水素水以外の付加価値がついているところがポイントですね。

でもやっぱり気になるのは水素水の濃度です。
公式サイトでは充填時1.2~1.6ppmと書いてあります。
sennjyu

では実際に届いた時にどのくらい水素が含まれているのかメチレンブルー試薬でテストしてみました。
DSC_3200

結果1.0ppm(10滴分)でした。
0.8ppm以上が基準と太田教授はその著書で書いていてので、1.0ppmは合格点です

余談ですが、写真のようにメチレンブルーをこぼすと洗剤でもなかなか落ちません。なのでもったいないけど水素水を含んだスポンジで洗うことになります。

濃度が合格点だったので、あとは飲みやすさです。
仙寿の水は女性をターゲットにしているようで、アルミパウチの容量は1回で飲み切れる250mlとなっていて飲みやすいです。

肝心の味も、サルフェートを含むとは書いていますが、ガチガチのミネラルウォーターのような硬水ではなく、マイルドな軟水です。
DSC_3154

PH7.3(中性)、硬度54mg(軟水)、サルフェート9.9mg

あとはアルミパウチにもこだわりがあって、水素がなるべく逃げないよう4層構造になっているそうです。
senn2

でも疑り深い私は実際にどのように4層構造になっているのか、切って調べてみました。

DSC_3175
うーん、よくわからない。肉眼では確認できませんでした。
でも、4層構造をうたっていない、サラスバのアルミパウチと比べると、確かに仙寿の水のパウチの方が硬くてしっかりできています。

250ml×10本が1900円が送料込みで購入できるはお得感があります。
「仙寿の水」は試してみる価値がありますね。

PR:高濃度ナノ水素水 健康家族の仙寿の水

コメントを残す