水素水を自分で作るとどうなるか?実際に試してみた【画像あり】

mgribon

水素水を自分で作ってみうよと思い、Amazonでマグネシウムリボン(純度99%)を買いました。送料込みで1,680円は安いのか高いのか?よくわかりません。
ヨーロッパからの取り寄せになったので2週間くらいかかりました。
ちなみに化学式ではこのようになります。

    2 H2O + Mg → Mg(OH)2 + H2

水とマグネシウムが反応して、水酸化マグネシウムと水素が発生します。

DSC_3297

これを50cmくらいに切って500mlのペットボトルに入れ、2晩置きます。
DSC_3315

写真では見えませんが、マグネシウムリボンに細かい気泡が付いています。
これが水素です。オォーこれは期待できそうだ。

DSC_3293

そして、水素が良く混ざるように飲む前に30秒ほど振ります。
DSC_3317

最後に、どれくらいの水素濃度なのか計ってみました。
その結果、、、、、2滴でブルーに!
つまり、0.2ppmと言うことになります。 低い!

そして、気になるお味は、、、、、、
うーん、不味くはないけど、なめらかではありませんね。硬水です。強いて言えばコントレックスみたいな味です。

あと、マグネシウム=金属が入っている水を直接飲むことにかなり違和感があります。
また、こうしてできた水酸化マグネシウムは便秘薬として使われていて、お腹が弱い私としてはこれを飲み続けるのは結構つらいことになると予想されます。

単純に考えるとマグネシウムリボン50cmで0.2ppmならば5mで2ppm発生することになります。でも、そんなにペットボトルに押し込めないし、その分発生する水酸化マグネシウムの作用も気になるところです。

結論:確かに水素水は作れたけど、美味しくないしお腹を下すかもしれないから、続けようとは思いません。

追伸:
使わなくなったマグネシウムをどうしようかと考えて、
おっそうだ!風呂に入れて水素風呂にすればいい!
なんて思ったのですが、そもそも風呂に二日も浸しておけないし、たいして水素出ないからあまり意味ないですね。

コメントを残す