二日酔いに水素水は効果あり!は本当か?

・水素がお酒の飲み過ぎに効くって本当?
仕事の付き合いなどで深夜までお酒を飲んだ日の翌日には頭痛や吐き気、倦怠感などに襲われてなかなか起きられないということも多いものです。

202006

ネットの口コミ情報などではこうした二日酔いの症状の予防には水素水がよいといわれていますが、これは本当です

深酒した日の翌日の体調不良は、アルコールの過剰摂取によって肝臓で分解できる許容量を超えてしまうことによって引き起こされます。

アルコールは肝臓で最終的に人体に無害な水と二酸化炭素に分解され、呼気や尿として排出されますが、肝臓で完全に分解できないと、アルコールを分解する途中でできる「アセトアルデヒド」という物質が体内で増えてしまいます。

アセトアルデヒドは毒性のある物質で、これが血流に乗って全身に運ばれるため、頭痛や吐き気のような中毒症状が起こるわけです。
また、肝臓でアルコールを分解すると体内で活性酸素が大量につくられます。活性酸素は体内に過剰になると細胞にダメージを与えて機能を低下させるようになるので、持続的な倦怠感が生じてしまいます。

このように、二日酔いの原因はアルコールの過剰摂取によって体内に増えるアセトアルデヒドと活性酸素によるものなのです。そして水素水にはこれらの問題を解決する働きがあるのです。

・水素にはアルコールで増える活性酸素を減らす効果がある

二日酔いになる理由の一つはアルコールの分解するときにつくられる活性酸素です。水素水を飲むと腸などから吸収された水素が毛細血管を通り、体内を循環します。

398221

アルコールの摂取時には肝臓で活性酸素がどんどんつくられますが、血流によって運ばれた水素が活性酸素と結びつき、無害な水に変えてくれるので、アルコール摂取によって増える活性酸素を減らすことができます。

398211

また、水素は肝臓にたどり着くとアルコールの分解を助ける働きがあります。アルコールの分解がスムーズになればアセトアルデヒドが体内で増加するのも抑制されるので、二日酔いの予防効果が期待できるのです。

・いつ飲むのが効果的?

452681

このように夜遅くまでついついお酒を飲んでしまうという方は水素水の摂取が有効といえるわけですが、いつ飲むのが効果的なのでしょうか。

アルコールを分解するときには大量の水分が必要となります。お酒には利尿作用があり、お酒の水分のほとんどは尿として排出されるので、お酒を飲むと体内は水分不足気味となります。

人間の身体は水分不足になると代謝も悪くなるので、アルコールの分解もスムーズに行かなくなります。こうした事態を防ぐにはお酒を飲んでいるときにしっかりと水分と水素を補給するのがベストです。

また、アルコールの分解は就寝中にも行われるので、寝る前に水素水でしっかりと水分補給をするのも効果的です。

コメントを残す