水素水が糖尿病に効果あり!って根拠はあるの?

水素分子が活性酸素を除去することですい臓のベータ細胞を保護する

h2

糖尿病はインスリンの分泌低下が原因でおこる病気です。
インスリンはすい臓のベータ細胞で生成されます。すい臓のベータ細胞は活性酸素に非常に弱く、活性酸素が増加することでインスリン分泌の低下を招いてしまいます。

また、本来ブドウ糖を取り入れるはずのミトコンドリアが活性酸素により傷つくと、ブドウ糖を取り込む働きも低下してしまいます。また、すい臓の細胞に限らず、人間の細胞は一番外側に細胞膜があり主な成分は脂質でできています。

この脂質が活性酸素により過酸化脂質になると、細胞内に障害をもたらすリスクが高くなります。水素水は、これらすべて内臓の働きを悪くする作用をする、活性酸素を強力に除去する働きがあります。水素分子は活性酸素を除去し、無害な水に変え、体外に排出する性質があります。水素水はすい臓のベータ細胞の機能不全を予防・改善してくれインスリン分泌低下を防いでくれます。

血糖値の改善

糖尿病は血糖値が上昇する疾患です。
血糖値が上昇することによりさまざまな合併症が進行します。
腎臓の機能低下、視力低下、動脈硬化などが進行し、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まります。血糖値が高いままだと「糖化反応」がおこり、血管を作るたんぱく質が糖化たんぱく質に代わってしまい正常な血管が作れなくなります。

さらにこの過程で悪玉活性酸素が大量に生み出され、体内の血管を傷つけていきます。

190220
水素水を飲むことで、悪玉活性酸素が除去されると代謝が向上し血行が良くなります。
免疫力も上昇していきます。

190215

また、腎臓障害により体内にたまった老廃物も水素を含んだ水を飲むことで、排出することができます。糖尿病の進行を抑えることで血糖値が改善され次第に安定していきます。血管を若々しい状態を保つために水素水が重要な役割をすることはすでに医学的に証明されています。

内臓脂肪の減少
0-14

水素水を引用すると肝臓から放出されるホルモンが増加します。このホルモンは体内のエネルギー代謝を促す作用があります。それにより脂肪燃焼効果がアップし、内臓脂肪の減少につながります。内臓脂肪が増加すると消費しきれないエネルギーが余るためそれを解消しようと大量のインスリンが分泌されます。大量のインスリン分泌は発症につながります。内臓脂肪が減少することはインスリンを大量に分泌する必要がなくなるので、糖尿病の予防や改善に良い効果があるといわれる根拠のひとつになっています。

コメントを残す