水素水と悪玉活性酸素の関係

呼吸で取り込む酸素から悪玉活性酸素が発生

190220

生命を維持していくためには、休みのない呼吸が必要です。呼吸では、酸素が取り込まれて不要物の二酸化炭素が体外に出ていきまます。この仕組みで、実は取り込まれた酸素が100パーセント使われるのではなく全体の2、3パーセントの酸素は使われないでそのままの形で体内に残ります。これが残留酸素です。残留酸素は元々は酸素なので、強い酸化力を持っています。酸化力というのは別の物質の性質を変えてしまう化学反応で、金属が酸化するとサビになります。体内の残留酸素が持ち前の酸化力を発揮すると、周辺の細胞が酸化して新陳代謝が鈍くなります。これが悪玉活性酸素です。悪玉活性酸素があると、ひとつひとつの細胞のターンオーバーがスムースにできなくなるので病気のきっかけになったり治りが悪い、また老化の進行が速まるなどいろいろな問題が起こってきます。悪玉活性酸素が体内のサビと言われるのはこういった理由からです。

悪玉活性酸素は免疫システムの異常をもたらす

202006

悪玉活性酸素があると、免疫系統の機能が十分に働かなくなり抵抗力が落ちて病気にかかりやすくなる一方で、逆に免疫機能が過剰に反応してしまうという弊害が起こることがあります。免疫系統は、本来であれば外部から侵入したウイルスなどの細菌を体にとって異物と見なして攻撃し体外を排出する役割を担っています。ところが悪玉活性酸素が溜まってくると免疫力の過剰な反応が起こって、自分自身の正常な細胞が免疫系統に攻撃されるという事態が起こります。この免疫系統の異常によって発症する病気のひとつに、関節リウマチがあります。関節リウマチでは、免疫細胞のひとつであるリンパ球が自分の細胞を攻撃することで全身の関節に炎症が広がっていくと考えられています。

水素水で悪玉活清酸素を取り除く

452681

悪玉活性酸素対策のひとつとして注目されているのが、水素水健康法です。この健康法では、水素がたくさん溶け込んだ水を日常的に飲みます。水素水健康法は、水素の持っている還元力を応用しています。還元というのは、酸化と真逆の化学反応です。つまり、水素には酸化したものを元に戻す働きがあります。水素水を飲むと水素が体内に入り、酸化物質である悪玉活性酸素に結合、除去して水に変わります。この仕組みにより、水素が溶け込んだ水を飲むことで体内の悪玉活性酸素を安全に減らすことができます。体内の悪玉活性酸素が除去されると、過剰に反応していた免疫機能も正常化し関節リウマチの症状改善にも効果が期待できます。

コメントを残す