水素水と水素風呂の効果

水素水と水素風呂の効果

DSC_3477
近年健康増進が年齢性別問わずに広まりを見せていることによって、毎年様々な健康法が確立されています。その健康法の中でも、特に解毒効果が注目されることで比例して注目度が上がっているのが水素水と水素風呂です。水素とは通常の水はミネラル分と水素が入っているのですが、それを電気で分解すると化学反応によってガスが生じます。そのガスが水素ガスであり、その水素ガスを入れて作られるのが水素水なのです。水素ガスを入れると炭酸ガスのように目に見える気泡と目に見えない気泡が発生し、それが体の中で吸収されると血管内の老廃物に吸着し浮き上がらせ外に排出する流れとなりデドックスとなるのです。

がん治療の救世主

デトックスとして注目されるようになった水素ガスが入った水水素水ですが、その水素水が一度発症すると体をむしばむ重大な病気がんにも効果があるとされています。一般的にガン治療というのは軽傷であれば切り取るだけで後は経過観察を見て終わりますが、それがある程度進行すると切り取った後は抗がん剤治療をするのが一般的です。抗がん剤は服用すると細胞の活動を抑制する薬で、それを服用することで自身で増殖を開始するがん細胞の活動を抑え込むことができます。ただ細胞の活動を抑制するということは決して良いというものではなく、その効果によって別の健康な細胞まで抑制してしまうデメリットがあります。そのデメリットにひょって強い吐き気や抜け毛そして倦怠感などに襲われてしまい、必要であると分かっていてもその苦痛に耐えられないこと多いのです。そこで抗がん剤をつかったがん治療の副作用を抑える意味で登場するのが水素風呂です。

がん治療の副作用を軽減できる理由

水素風呂が抗がん剤地用のデメリットを軽減できるのは、先に言った炭酸ガスのように目に見える気泡と目に見えない気泡が発生し血管内の老廃物に吸着し浮き上がらせることが関係しています。そもそも薬のデメリットは、その成分が血管をとおって全身に運ばれる際に最終的に体内から排出されるまでの時間が長いことがいけないのです。そこで抗がん剤を服用した時に、体全身で目に見える気泡と目に見えない気泡が発生し血管内の老廃物に吸着し浮き上がらせることが出来れば血流の促進によって薬剤が体の名から排出されるまでの時間が短縮されることで長時間続かないことになります。さらに水素ガスの効果によって血流の促進と細胞の再生が促されると、健康ではない細胞の再生が促されることで完治率も向上させることになります。

コメントを残す