不妊治療と水素浴の関係

水素水は不妊治療とどのような関係があるのでしょうか?

1.活性酸素は女性ホルモンの乱れと関係ある

活性酸素は非常に強力な酸化作用を持っています。活性酸素は卵母細胞や卵胞ホルモンを乱れさせ、生理不順を作りだします。その結果妊娠しにくい体になってしまいます。年齢が高くなると妊娠しにくくなる理由は、年齢とともに活性酸素が蓄積されることで妊娠しにくい体にするからです。水素水はこの活性酸素を除去する力があります。活性酸素が除去されると卵母細胞や卵胞ホルモンが若返るため、妊娠する確率が高くなります。とくに不妊治療中の人にとっては水素水は力強い味方です。

2.卵子の老化防止に一役

人間の子宮は分厚い壁や膜で守られているので、物質はなかなか届きにくくなっています。有害な物質から生命の源を守るための自然の摂理ですが、効果的な物質も届きにくいことになります。卵子は新しいものが作られるのではなく、人が誕生したときにすでに卵子を卵巣内にもっています。そのため卵子の老化が不妊につながると考えられています。できるだけ卵子の老化を抑えるために酸化を防ぐことが必要です。卵子を保存している卵巣は、酸化を防ぐために血液が供給しにくくなっています。しかし水素水は大変分子が小さい物質なので細胞の奥まで入り込むことができます。そのため、効果的に活性酸素を除去することができます。最近一部の不妊クリニックでは水素温浴による不妊治療を取り入れ始めています。水素を口から入れるのではなく、皮膚から取り入れる方法です。水素を溶かしたお湯にゆっくりつかることで、皮膚の細胞から水素が体の中に入っていきます。お湯に溶けた水素は、卵子の素まで大量にたどり着くことができます。また温浴効果により、体があたたまり、免疫力増加やリラックス効果などももたらされ、良い効果が期待できます。

3.精子の酸化ストレスも軽減

精子は卵子と違い日々新しいものが作られています。しかし、日々のストレスや過労などから大量の悪玉活性酸素が発生することも考えられます。精子が活性酸素を大量に浴びると精子の運動率や濃度が低下してしまい不妊に繋がるリスクが高くなります。男性も女性同様に、水素の入ったお水をのむことで活性酸素を除去することができます。また水素がとけたお風呂に入ることもリラックス効果をたかめ、精子の運動率をあげることにつながります。不妊治療は女性だけの問題ではないので、夫婦そろって水素水をのむことで、より不妊を改善できる確率が高くなります。

コメントを残す